今日の一足「ジェオックス」

img_0400-2

こんにちは。SHPREE本店の池口です。

今日の一足は「ジェオックス」です。

img_0399-2

img_0400-2

 

★靴のご修理・クリーニング・保管はシュプリまで★
かかとやつま先のご修理やスエードやブーツなどのお手入れも行います。
 
【SHPREE本店(工房併設)】
TEL:0858-27-0390
営業時間:10:00~19:00
定休日:火、土、日
☆本店では、靴クリームやブラシの販売から
職人が直接、靴磨きの方法までお伝え致します。
【SHPREEパープル店】
鳥取県倉吉市山根557-1パープルタウン1F(コマツ内)
TEL:0858-26-5343
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(年3回)

☆本店がお休みでも、ご安心ください。

コマツ・パープル店でも、承ることができます。

シュプリで大切な1足と素敵な時間を。

今日の一足「ハウスオブハーロウ」

img_1214

こんにちは。SHPREE本店の池口です。

今日の一足は「ハウスオブハーロウ」です。
img_1214
全体を優しくブラッシングして埃を落としたあと、クリーナーで汚れをとります。
ここで、少し色があせているから色のついた補色クリームを使うというのは控えます。逆にあせた部分に塗ると色が目立ってしまう可能性があるからです。
img_1213
ソール部分もアルガンオイルで充分に保湿、栄養を与えてあげたなら、最後は柔らかなネル布(綿など)で余分なクリームを拭き取りお手入れ完了です。

 

★靴のご修理・クリーニング・保管はシュプリまで★
かかとやつま先のご修理やスエードやブーツなどのお手入れも行います。
 
【SHPREE本店(工房併設)】
TEL:0858-27-0390
営業時間:10:00~19:00
定休日:火、土、日
☆本店では、靴クリームやブラシの販売から
職人が直接、靴磨きの方法までお伝え致します。
【SHPREEパープル店】
鳥取県倉吉市山根557-1パープルタウン1F(コマツ内)
TEL:0858-26-5343
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(年3回)

☆本店がお休みでも、ご安心ください。

コマツ・パープル店でも、承ることができます。

シュプリで大切な1足と素敵な時間を。

はじめての靴磨き講座@パープルタウン店

こんにちは。シュプリの池口です。

先日鳥取県倉吉市パープルタウンのコマツ靴店で「はじめて靴磨き講座」が開かれました。

img_1090-2

タイトルの通り、靴のお手入れの基本的な部分を参加者のみなさんと共有する会です。お手入れの経験がない方はもちろん、経験のある方も一緒に実践していきました。

img_1089-2

なぜシューキーパーが保管時に必要なのか、補色クリームとミンクオイルの違い、それぞれの素材のお手入れ方法などたくさんの質問をいただきました。

img_1091-2

中には20年以上大切にされている靴もあり、そんなに保つものかと驚きの声も上がっていました。

 

★靴のご修理・クリーニング・保管はシュプリまで★
かかとやつま先のご修理やスエードやブーツなどのお手入れも行います。
 
【SHPREE本店(工房併設)】
TEL:0858-27-0390
営業時間:10:00~19:00
定休日:火、土、日
☆本店では、靴クリームやブラシの販売から
職人が直接、靴磨きの方法までお伝え致します。
【SHPREEパープル店】
鳥取県倉吉市山根557-1パープルタウン1F(コマツ内)
TEL:0858-26-5343
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(年3回)

☆本店がお休みでも、ご安心ください。

コマツ・パープル店でも、承ることができます。

シュプリで大切な1足と素敵な時間を。

 

 

カビの生えた靴のお手入れ

ドレスシューズやウィンターシューズなど、場所や季節を選ぶ靴はシューズボックスの中で眠っている時間のほうが長くなってしまいます。久しぶりに履く機会があって取り出すと、カビが生えてる!なんていうことも読者の皆様は少なくないのではないでしょうか。

img_0956

今回はそんなカビの生えた靴のお手入れ方法をご紹介したいと思います。

img_0960

まず基本ケアと同じく、紐を外してシューキーパーをいれ、お手入れの準備。

img_0978

表面のカビをブラッシングで落とします。

img_0979

ブラッシングだけでこんなにキレイに。

菌が繁殖しないように、次は、クリーナーをネル布に含ませて革の内部のカビを汚れを取り除いていきます。

img_1021

革によってはあまり強くこすると、色が落ちたりすることもあるので、やさしくなでるくらいで充分効果的です。

img_1023

内側も

img_1052

 

気になる方は綿棒などで細部を掃除してあげるのもよいでしょう。

img_1012

ここまでで、下準備完了。

靴にあったクリームを選び、補色していきます

img_1027

クリームを塗布します

img_1061

入念にブラッシング、クリームをなじませます

img_1064

ポリッシュクロスで余分なクリームをふきとり、全体に光沢感を与えていきます

img_1065

左:after 右:before

img_1067

img_1074

もう片足も同じようにお手入れできたなら、あとは乾燥剤、吸湿剤などを両足に入れて日差しのあたらない風通しの良い場所で保管しましょう。

履いたあとはしっかりと乾燥させてあげることと、表面の汚れはカビにとって繁殖しやすい環境を作ってしまうので、一度履いたらブラッシングを心がけるとよいでしょう。