1,ワックスを塗る

161217_080

油性のワックスを使うことで、表面に油膜を張り、つや出し効果が期待できます。

161217_079

ワックス表面を少しなでるくらいの少量を指にとり、効果を出したい部分へ円を描くようにやさしく塗ります。

161217_081

コーティングと撥水効果も期待できるので、キズのできやすい箇所、水がしみやすい箇所に塗るのもいいでしょう。

2,水で磨く

161217_083

使用する水は、指先を水に浸して上げたときについてくる程の、わずかな量を垂らしてください。

161217_112

軽く湿らせた磨き用の布をつかって、つやを出したい部分を磨きます。

161217_113

ワックスを靴になじませるようなイメージで軽く磨きましょう。

ワックスが均等に行き渡った感覚が伝わってくるはずです。

ハイシャイン (鏡面磨き)

shpree-663

ハイシャイン、鏡面磨きともいう工程は、靴をくもりない美しい状態まで光らせることをいいます。

基本ケアを済ませた状態から、ここではその方法をご紹介します。

 

1,ワックスを塗る

161217_080

最初に、指で油性のワックスを取り、つま先部分に靴を撫でるように塗布していきます。

 

2,水で磨く

161217_082

つま先に施したワックスの上に水をたらし、湿らした布で磨きます。

ワックスがつま先全体へ薄く行き届く感覚まで磨きつづけましょう。

 

3, ワックス、水を繰り返す

161217_078

ハイシャイン、鏡面磨きはやればやるだけ美しく光ります。

1,2の工程を繰り返し、自分好みのつやを目指して磨きましょう。

 

4,水だけで磨く

ワックスと水で交互に繰り返し磨けたら、仕上げに水だけで磨きをかけていきます。

161217_101

ハイシャイン(鏡面磨き)は油膜を張り、つやを出すだけではなく、靴のコーティングと撥水効果もあるので、お気に入りの一足にはかけておくとよいでしょう。

5 ブラッシング

161217_071

ブラシを使って補色剤を革にしっかり定着させていきます。

161217_070

クリームを全体へなじませるように、靴の形状に沿いながらブラッシングしましょう。

161217_067

表面が摩擦によって光沢をおびてくるので少し強めの力加減にするとよりよいでしょう。

 

4 クリームを塗る

shpree-666

 

ここでは栄養素のある補色クリームを使って、革の素肌に直接浸透させます。

161217_061

靴の色にあったクリームを選んだら、小さなブラシに少量をとり、革を軽くたたくよう塗りこんでいきましょう。

161217_057

革にクリームがのびなくなってきたら、満たされてきている証拠です。クリームをすこしずつ足しながら、靴全体へのばしていきましょう。