アスファルトと芝生の表面温度の違いは?

こんにちは。もうすっかり夏ですね。

 

暑さが年々厳しくなっているようで過去最高気温が熊谷で記録されたり、猛暑のため花傘巡行が中止になったり、目の前のことに熱中して気づけば脱水症状なんてこともあるので、読者のあなたは水分補給を上手にとりながら、涼しい場所でブログを読んでもらえると幸いです。


さて、この時期の靴のトラブルとしてあげられるのは、アッパーと底材(ソール)が離れてしまう靴底のハガレです。基本的に靴用ボンドでしっかりと圧着して接着されているので心配はないです。

ですが、長年履いている靴であったりたまにしか履かない靴を履こうと思った時にベロンと大きく剥がれているのを見つけた時、

「なんでこがなことになっとるだいや?!もう外にはデラセン!」

  (なんでこんなことになってるの?!もう外には出かけない!)

鳥取県中部地方の方言

と憤る気持ちは一旦落ち着けて、心を鎮めましょう。なぜ底材が剥がれるのかを説明したいと思います。その理由と対策としてあげられるのは次の3つ。

・水分

底の材質として多いのは合成ゴムやポリウレタンです。
意外にも合成ゴムは水に弱いので、雨に濡れて帰った時に水気を乾いた布で拭き取りましょう。風通しのよい場所でしっかりと乾かしてあげるとよいです。
ポリウレタンは水分を含みすぎると加水分解が起きてしまいます。同様に拭き取ってあげることで遅らせることができます。

・紫外線

ゴムは紫外線を受けると酸化して曲がったり、ひび割れや劣化しやすくなります。直射日光を避けて保管しましょう。

 

・経年劣化

靴の寿命です。靴底全体(オールソール)の交換が必要になります。

適正な温度と湿度の中で保管してあげることで、大切な靴を少しでも長く履くことができます。

この夏場は特に地面(アスファルト)の温度が大体50~60度まで上昇し、猛暑日は65度を越すこともあるようです。
そうすると靴底が暖まって接着部分が溶ける可能生もあるので、毎日靴をローテーションして履くことをお勧めします。


外出する時は日傘、両手があく帽子、竹笠、最近ではレジャーハットと呼ばれるものも出ているようです。

足下にはもちろん頭上にも気を配りながらこの夏をエンジョイしましょう!

ヒールのカツカツ音コツコツ音はマナー違反?

今回は女性靴に関するお悩みについて。

お気に入りのハイヒールを履いて歩くとカカト部分がコツコツ、カツカツと音が鳴るのが気になるという方は意外といらっしゃるのではないでしょうか?

img_3438

人気の多い雑踏の中を歩く時は環境音などもあるので気付きにくいですが、静粛な場所ではカツーン、コツーンと歩く音が大きく聞こえます。

特に式場であったり斎場などの冠婚葬祭の場面でそうなると一斉に視線を浴びてしまうので、少し恐縮した気持ちにすらなりそうです。
これは原因としてヒールの中に空洞があることと、接地面がプラスチックであることがあげられます。

img_3442

写真左:TPU(熱可塑性ポリウレタン)   写真右:プラスチック

 

TPUという素材はiPhoneなどのスマホケースにもしばしば使わている素材です。

柔軟性に優れており壊れにくく、その上に耐久性も兼ねそなわれています。デザインは登山靴底のように凹凸があるのでグリップ力も高く、二層になっているので音鳴りを防いでくれます。

大概の靴修理屋さんへ持っていくとクイックで交換が可能です。
もちろんシュプリでも交換可能です。
ここぞという時のために、事前に消音リフトの靴を一足持って置かれてもいいかもしれませんね。

 

~~~~~~~~~~~~~~
★靴のご修理・クリーニング・保管はシュプリまで★
かかとやつま先のご修理やスエードやブーツなどのお手入れも行います。
 
【SHPREE本店(工房併設)】
TEL:0858-27-0390
営業時間:10:00~19:00
定休日:日,月午後
☆本店では、靴クリームやブラシの販売から
職人が直接、靴磨きの方法までお伝え致します。
【SHPREEパープル店】
TEL:0858-26-5343
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(年3回)

☆本店がお休みでも、ご安心ください。

コマツ・パープル店でも、承ることができます。

シュプリで大切な1足と素敵な時間を。
こどもの足と靴と暮らし
Baby walk days

はじめての靴のお手入れ講座

今月7月14日(土) 10:30~パープルタウン企画、第3回ぱ〜たん倶楽部による、初めての靴のお手入れ講座が開催されます。
%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3-1
%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3

場所は一階コマツ靴店を予定しておりましたが、人数の関係で二階ゲームセンター横、文化教室にて開催いたします。
2f-01-01

参加者の方々は、お手入れしたい靴をお忘れなく!

(7月14日シュプリ本店は午前中お休みさせていただきます)

 

 

★靴のご修理・クリーニング・保管はシュプリまで★
かかとやつま先のご修理やスエードやブーツなどのお手入れも行います。
 
【SHPREE本店(工房併設)】
TEL:0858-27-0390
営業時間:10:00~19:00
定休日:日,月午後
☆本店では、靴クリームやブラシの販売から
職人が直接、靴磨きの方法までお伝え致します。
【SHPREEパープル店】
TEL:0858-26-5343
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(年3回)

☆本店がお休みでも、ご安心ください。

コマツ・パープル店でも、承ることができます。

シュプリで大切な1足と素敵な時間を。
ファーストシューズ・ベビーシューズがいつからといった選び方情報やおしゃれな靴通販ベビーウォークディBABYWALKDAYS.
ノルディックウォーク、ノルディックウォーキング・グッズ通販ウォーキット。ウォーキングのポール、シューズ、ウェアの選び方、歩き方や服装までノルディックウォーキング資格者がアドバイス。全国のウォーキングイベント・講習会・体験会情報も。

 

 

災害時の靴対策3つのポイント

ken_8893

西日本の豪雨災害で亡くなられた方々に心より哀悼の意を申し上げます。

また被災されたみなさまに謹んでお見舞い申し上げます。

いつもお手入れ、修理、保管の三本軸から靴をテーマとした情報をお送りしていますが、今回は一刻も早く被災者の方々が安心して外を歩けるようになることを願い、大雑把ではありますが、靴・足元に関する情報をまとめました。

参考にしてくれると幸いですし、この情報を必要としている人に届けてくれるとありがたいです。

随時ブログ記事をアップグレードしていきたいと思っているので、ご意見ご指摘よろしくお願いします。


1.足裏を怪我すると命に関わる

ken_8681

 

瓦礫や落石などが散乱している足下には何が転がっているかわかりません。ましてや胸の高さまで水位のある被災地で足元を怪我をしてしまっては移動することが困難になり命に関わります。

靴の中に瓦礫の釘などに効く踏み抜き防止の中敷を入れるだけで二次災害を軽減します。金属ではない、ハサミやカッターなどでサイズ調節が可能なものが即戦力となるでしょう。ガラスや陶器の破片から足を守るためにくるぶしを覆っているものがより安心です。

参考

スレート屋根の踏み抜きによる墜落死亡pdf

労働災害事例

 

2.外履きと中履きが必要

875c6_1460_b5f4723a18b9a0b9fed6db825af6b9ce

避難所や体育館の中では普段の生活と異なり、手すりの設置が不十分なため転倒・転落事故が起きてしまうことが過去の阪神淡路大震災や、新潟県中越地震での避難所生活で挙げられています。
特に年配の方は慣れない環境の中で普段のように生活することが困難です。家庭用スリッパのような滑りやすいものではなく、ズックのように踏ん張りが効く底面が必要です。

参考

安心安全情報防災コラム

防災と災害について考えるブログ

写真引用元

 

3.夜寝るときは枕元に靴を

b04cb3f15d102f33712e60b8cc9ba48189edad79-80-2-2-2

寝ている間に土砂崩れが起きたとしても、起き上がってすぐ避難ができます。枕元に靴というのは衛生面を気にされる方もいますが、ナイロン袋などに包んでおいてください。とにかく避難しなくてはという時に靴は足元を守ってくれます。

どんな靴が足元を守るか

・ガラスや食器の破片から足を守る

・落下物などから足を守ってくれる

・がれきの釘の踏み抜きを防いでくれる

・急いで逃げるために、履きやすい

・避難を考えて、あまり重くない

ホームセンターなどで販売している一足三千円くらいのスニーカータイプの安全靴は安価でサイズも豊富です。踏み抜きに効果のあるものがあるので一緒に使うと効果的です。

参考

防災対策!枕元に靴を備えよう!

女性が避難時に実際に役立ったものランキング

写真引用元

 

健康のため?靴のリフト・カカトの交換・修理はケガ防止

おろしたての靴を履いて外へ出かけることは靴好きに限らず、健やかな気持ちで歩けるものです。履き慣らした靴であっても、靴磨きやクリーニングをかければリフレッシュされて気持ちよく履けますね。
しかし、靴底面は擦り減ってくると修理が必要になります。カカトの擦り減った靴は斜めに傾きやすく、不安定な状態になります。

img_3320写真/左足:ビフォー 右足:アフター
人は歩くときカカトから着地するので、不安定な靴を履いていては、思わずバランスを失って捻挫や転倒といった怪我に繋がりかねません。またアンバランスな足元を補うために普段使うことの少ない筋肉を使うので、急に腰に負担がかかり疲労が出やすく、身体全体のゆがみの原因となることもあります。

seikotu20150314120333_tp_v

履いていて気になるようであれば交換をオススメしますが、目安として底面のデザインが消えかかってきたら交換の合図と思っていいでしょう。両足を揃えて後ろから見て、擦り減りが激しいものも交換のタイミングです。
img_3321

接地面のグリップ力も上がるので着地した後もしっかりと前に歩みを進めることができます。

img_3317

写真/REGALリーガル 2177

 

出かける前に身だしなみに加えて、靴を磨き、底面にも配慮することはシュプリが提案できる健康のコツなのかもしれません。

 

 

★靴のご修理・クリーニング・保管はシュプリまで★
かかとやつま先のご修理やスエードやブーツなどのお手入れも行います。
 
【SHPREE本店(工房併設)】
TEL:0858-27-0390
営業時間:10:00~19:00
定休日:日,月午後
☆本店では、靴クリームやブラシの販売から
職人が直接、靴磨きの方法までお伝え致します。
【SHPREEパープル店】
TEL:0858-26-5343
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(年3回)

☆本店がお休みでも、ご安心ください。

コマツ・パープル店でも、承ることができます。

シュプリで大切な1足と素敵な時間を。

REDWING(レッドウィング)のVibram(ビブラム)ソール交換・ブーツの修理

すっかり暖かくなって、本格的にアウトドアの季節になりました。
シュプリのある鳥取県は大山へ多い時で月に1万人以上の登山客が訪れているようです。晴天であれば、頂上から大山の裾野と日本海が同時に見られる、日本でも有数と言われる絶景が楽しめます。

そんなトレッキングの最中にブーツ底面が磨り減った靴で、万が一のことがあってはいけません。

靴を履いていると必ず起きるソール(底面)のすり減りは、避けては通れない靴の宿命です。
気に入っている靴ほど早く磨耗してしまうもので、気づいたらもうカカトや前足部がもうないなんていうことは誰にもあるはず。

シュプリではそんな靴も新たにソールを張り替えることもできます。

レッドウィングの名作クラシックワークブーツもその1つ、オールソールの交換が可能です。

img_2279

原型のソールのトラクショントレッドに寄せて作られた#vibram4014のスポンジソールで交換するのが一般的ですが、少し風合いを変えて#vibram1136登山用のユニットソールに変更。
ビブラムは元々、丈夫で滑りにくく、耐久性があることから登山用ソールとして広く愛用されています。中でもvibram1136はよりグリップ力に優れているので街中はもちろん、トレッキング、川辺でのアウトドアなどこれからのシーズンの足元をしっかりサポートしてくれることでしょう。

 

足元のパートナーと一緒に、行きたい場所へ出かけませんか?

 

 

~~~~~~~~~~~~~~
★靴のご修理・クリーニング・保管はシュプリまで★
かかとやつま先のご修理やスエードやブーツなどのお手入れも行います。
 
【SHPREE本店(工房併設)】
TEL:0858-27-0390
営業時間:10:00~19:00
定休日:日,月午後
☆本店では、靴クリームやブラシの販売から
職人が直接、靴磨きの方法までお伝え致します。
【SHPREEパープル店】
TEL:0858-26-5343
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(年3回)

☆本店がお休みでも、ご安心ください。

コマツ・パープル店でも、承ることができます。

シュプリで大切な1足と素敵な時間、手の平に靴箱を。