カビの生えた靴のお手入れ

ドレスシューズやウィンターシューズなど、場所や季節を選ぶ靴はシューズボックスの中で眠っている時間のほうが長くなってしまいます。久しぶりに履く機会があって取り出すと、カビが生えてる!なんていうことも読者の皆様は少なくないのではないでしょうか。

img_0956

今回はそんなカビの生えた靴のお手入れ方法をご紹介したいと思います。

img_0960

まず基本ケアと同じく、紐を外してシューキーパーをいれ、お手入れの準備。

img_0978

表面のカビをブラッシングで落とします。

img_0979

ブラッシングだけでこんなにキレイに。

菌が繁殖しないように、次は、クリーナーをネル布に含ませて革の内部のカビを汚れを取り除いていきます。

img_1021

革によってはあまり強くこすると、色が落ちたりすることもあるので、やさしくなでるくらいで充分効果的です。

img_1023

内側も

img_1052

 

気になる方は綿棒などで細部を掃除してあげるのもよいでしょう。

img_1012

ここまでで、下準備完了。

靴にあったクリームを選び、補色していきます

img_1027

クリームを塗布します

img_1061

入念にブラッシング、クリームをなじませます

img_1064

ポリッシュクロスで余分なクリームをふきとり、全体に光沢感を与えていきます

img_1065

左:after 右:before

img_1067

img_1074

もう片足も同じようにお手入れできたなら、あとは乾燥剤、吸湿剤などを両足に入れて日差しのあたらない風通しの良い場所で保管しましょう。

履いたあとはしっかりと乾燥させてあげることと、表面の汚れはカビにとって繁殖しやすい環境を作ってしまうので、一度履いたらブラッシングを心がけるとよいでしょう。