今日の靴修理の一足はティンバーランドの革靴

こんにちは。鳥取県倉吉市に工房とショップを持つSHPREE(シュプリ)の靴修理職人の池口です。
本日ご紹介する修理の一足は、TImberlandのネイプルズトレイル/オックスフォードシューズです。
img_5251
革靴トータルで修理メンテナンスをさせていただきました。
アッパー部分は色がはがれており、ソールはティンバのロゴも消えてしまいそうなほどすり減っています。ところどころ穴が空いてしまっているので、雨の日の路面では水を吸い上げたり、足元を滑らせてしまうこともあります。
img_5250
早速カカト部分のすり減りを埋め立てます。削れている部分を平らにしてプライマー、ボンド処理を行います。傾斜版(三角のスポンジ)がないと深く削れているカカトのソール交換(コーナー修理)できません。

dav

接着剤の乾燥が不十分だとうまくくっつきません。傾斜版とカカト部分をヤスリで平らにして、トップリフト(地面と設置するパーツ)の取り付け準備。

sdr

前足部分もしるしをつけて、凹凸をおとしていきます。靴を修理する上でプライマーの下処理は必ずと言っていいほど必要不可欠です。

mde

接着しやすいように面を出していきます。

sdr

トップリフトとハーフソールそれぞれの面にプライマーボンド処理の後、圧着機で接着します。
あとは靴底に合わせて整形していくだけです。

edf
こんな具合に仕上がりました。
edf
バリ取りも忘れずに

残るはアッパー部分のお手入れ。クリーナーを使ってさっと汚れを落としたあとは色を調合、補色して基本ケアを行います。

edf

edf
直接指を使って塗ることで満たされている部分とそうでない部分がわかる、オーナー直伝の技

edf

edf

クタクタになったひもを取り替えて、

edf

完成!

dav clone tag: -3702505498853877278

今回は大阪から直接ご来店、ご依頼いただきました。

大阪の方がなぜ鳥取の工房に?とお思いの方も多いでしょうけれど、

実は当工房は、インターネットを通じて、修理や保管の依頼ができ、お手元に戻すときもスマホ1台でご返送が可能です。詳しくはコチラ

普段からお世話になっており新年の挨拶も兼ねてはるばるお越しいただきました。ありがとうございました。

今日の一足は「ティンバーランド」です。

★靴のご修理・クリーニング・保管はシュプリまで★
かかとやつま先のご修理やスエードやブーツなどのお手入れも行います。
【SHPREE本店(工房併設)】
TEL:0858-27-0390
営業時間:10:00~19:00
定休日:日,月

☆本店では、靴クリームやブラシの販売から
職人が直接、靴磨きの方法までお伝え致します。
【SHPREEパープル店】
TEL:0858-26-5343
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(年3回)

☆本店がお休みでも、ご安心ください。

コマツ・パープル店でも、承ることができます。

シュプリで大切な1足と素敵な時間を。
(1/31追記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です